2017
11.29
お酒飲めない

お酒が飲めない男を落とす時のアプローチ術&付き合い方

恋愛

スポンサーリンク

適度の飲酒は気分をリラックスさせ、普段人と話すのが苦手だという人もお酒を飲むと周りの人と楽しくおしゃべりできるようになったりします。お酒の席で好きな男性と親しくなれるチャンスを狙う女性も多いのではないでしょうか。

ところが、最近はお酒が飲めない男性が増えています。お酒が好きな女性からすると、お酒が飲めない男性はアプローチをするタイミングがつかみづらく、距離を縮めにくいといわれています。

今回は「お酒が飲めない男を落とす時のアプローチ術&付き合い方」を5つご紹介します。

1、自分もお酒に弱いフリをする

お酒が飲めない男性は飲み会やグループで遊ぶことが苦手な人が多く、お酒の勢いやノリで女性を口説いたり誘ったりすることもありません。女性との関係も冷静に恋愛対象になるかどうかを判断し、付き合うようになってからも酔った勢いで浮気するなどの心配がなく、ある意味では誠実で安心できる男性だともいえます。

お酒を飲めない男性は、自分がお酒を飲めないことに対してコンプレックスを持っている人が多いものです。仕事の付き合いで仕方なく飲み会に参加してはいるものの、雰囲気に馴染めないこともあるでしょう。お酒の席でアウェイの状態でいる彼に自分もお酒に弱くて馴染めないフリをして近づいてみましょう。人は自分と同じ立場の人には共感して心を開きやすくなるものです。

2、お酒以外の共通点や趣味を見つける

お酒が飲めない彼との距離を縮め、自分をアピールするためには、お酒以外の共通な趣味を見つけるのが早道です。映画や音楽、スポーツやアートなど、彼が興味のあるジャンルや好みを聞き出してデートに誘ってみましょう。お互いの趣味や好みが一致するのがベストですが、自分の知らない分野でも「私も行ってみたい。一緒に行ってくれる?」などと女性から誘われれば悪い気はしないものです。

3、食事・お茶・スイーツのお店に誘う

お酒を飲めない男性と居酒屋やバーなどお酒を扱っているお店に行っても、お互いに気を遣ってしまってあまり楽しめないものです。特に飲める女性と飲めない男性の組み合わせならなおさらのことです。彼に気を遣わせなくて済むように食事やお茶に誘ってみましょう。フードメニューやソフトドリンクの種類が豊富なお店を選ぶと喜ばれます。お酒が飲めない男性の中には、スイーツが好きな男性も意外に多いので、前もってお店を調べておき「前から行ってみたかったんだけど、一緒に行ってもらえない?」とストレートに誘ってみてもいいでしょう。

4、ドライブデートに誘う

お酒を飲む男性とドライブに行くとお酒を飲んでしまうことが多く、女性が帰りの運転をしなけらばならないこともありますが、お酒を飲めない男性となら車で遠出しても、帰りも運転してもらえ安心です。車は電車やバスと違って二人だけなので距離が近くなり、好きな音楽を聴いたり流れる景色を眺めたりしながら、話も弾みます。

5、自宅に招待する

何回かデートを重ねて少し親しくなってきたら、自宅に招待して手料理でもてなすと「家庭的な女性」を印象づけることができます。自宅に招待する時は部屋を掃除するのはもちろんですが、一番最初に目に入る玄関やキッチンやトイレなどの水回りをチェックする男性も多いので、特にきれいにしておくようにしましょう。アロマキャンドルなどで部屋にほのかな香りをただよわせるのもおすすめです。

まとめ

お酒を飲めない理由は人それぞれですが、体質的に受け付けないなど、本人の努力だけではどうにもならないこともあります。お酒を飲めないことも彼の個性のひとつとして受け止め、無理してお酒を飲まなくてもいいように少しだけ気を遣ってあげましょう。結局のところ、男性は一緒に過ごしていて居心地が良く楽な女性を選ぶものです。

今回はお酒が飲めない男性へのアプローチ術や付き合い方を5つご紹介しましたが、彼の性格に合ったものを選んでみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク