2017
12.02
モラハラ男

幸せになりたいならモラハラ男はさけるべし!人格否定する男の特徴とは?

恋愛

スポンサーリンク

モラハラは暴言や脅し、批判などの言葉で相手を支配しようとすることをいいます。暴力で相手を支配しようとするDVと違って、体に傷がつかないために周りの人からも気づかれないことが多く、精神的に追い込まれていきます。

最近は恋人同士や夫婦間でのモラハラ被害が増えています。モラハラ男と一緒にいても決して幸せになれないことは、誰もが感じていることではないでしょうか。モラハラ男であることを知らずに付き合ってしまうと別れるのも一苦労です。

今回はそんなモラハラ男の特徴を5つご紹介します。

1、最初は優しくて素敵な男性に見える

モラハラ男は最初は正体を見せません。細かい気配りを見せたり、甘い言葉で愛情表現してきたり・・・初めは優しくて男らしく素敵な男性に見えるのがモラハラ男の怖いところです。モラハラ男であることはまるで感じさせず、物腰のやわらかい穏やかな男性に見えます。そして、段々親しくなってくると自分の家庭環境が恵まれなかったことやいじめられたことなど、過去の辛い話を語り出して同情を引こうとします。

元々、モラハラ男は気が弱くて言いたいことを言えない小心者が多いので、慎重に女性の反応を窺いながら近づこうとしてくるのです。最初は優しく素敵な男性に見えますが、付き合うようになってから態度や言動が豹変するのがモラハラ男の特徴です。

2、自分が正しいと思い込んでいる

モラハラ男は他人の間違いを指摘して批判することに喜びを感じています。その反面、他人から自分が否定されたり批判されることには敏感に反応し、自分の間違いを指摘されたり考え方を否定されたりすると、相手を激しく攻撃します。

いつも自分の考えが正しいと思っているので、自分と違う価値観を持つ人を理解しようとはしません。自分が正しいということを主張し続け、相手を非難し攻撃することに命をかけているのがモラハラ男の特徴です。

3、感情の起伏が激しい

モラハラ男は感情の起伏が激しく、自分の感情をコントロールするのが苦手です。機嫌が良い時は優しくて親切なところもありますが、一度キレると手が付けられなくなります。ささいなことで怒り出したかと思ったら、一方的に相手を責めまくり自分の言うことを受け入れてくれるまで怒り続けるので、相手は自分に非がなくても謝らなければいけない状況に追い込まれてしまうのです。

4、二面性がある

モラハラ男には二面性があり、他人の前では悪い部分を見せず、恋人や妻といった特定の人の前でだけ本性を現します。外面が良いので、周囲の人からはモラハラ男であることをあまり気付かれません。お店の店員や自分より下の立場の人の前では、強気で偉そうな態度をとることが多いので、モラハラ男かどうか見極めたい時は、すべての人に対して平等に接しているかどうかをチェックしてみるといいでしょう。

5、嫉妬深い

嫉妬は愛情の裏返しともいえますが、異常なまでの嫉妬深さがモラハラ男の特徴です。恋人や妻が外に出ることをとても嫌いいつも電話やメールで行動をチェックして自分の監視下に置いておき、支配しようとします。

他人の夢や成功に対しても嫉妬することがあり、疑り深く世間体や周りからの評価をとても気にします。結婚して子供ができると子供にまで嫉妬するようなこともあるのです。

まとめ

長い間、人格を否定されるような言葉を言われ続け我慢していると、感覚が麻痺して何が正しいのか分からなくなり、相手の顔色ばかり窺うようになってしまい、モラハラ男に完全に支配されてしまいます。

限界まで我慢した挙句に心と体を壊してしまうこともあります。そこまで我慢して、モラハラ男と一緒にいる必要はありません。

モラハラ男の特徴をよく理解して、付き合う前にモラハラ男かどうかじっくり観察して見極めてから付き合うようにして下さい。あなたの人格をそのまま受け入れてくれる男性と出会って幸せになりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク