2017
11.29
疲れた

何でも気にしすぎて疲れている人がその性格を直せる3つの方法

恋愛

スポンサーリンク

<リード文>あなたは気にしすぎる性格ではありませんか?人の言葉の裏を読んだり、何でも疑心暗鬼になってしまったり。気にするのは良い事ですが、気にしすぎは疲れてしまいます。そんな気にしすぎて疲れてしまう人が、性格を直せる3つの方法をご紹介します。

克服方法その1、気にしないことを意識する

気にしすぎる性格を直したいなら、気にしすぎないことを意識しましょう。「ちょっと言いすぎたかな。」「あの行動はやり過ぎたかな。」と、気にしてしまうことは、よくある事で、とても真面目で律儀な人に多いと思います。でもいちいち気にし過ぎていたら、前に進めず、らちがあきませんよね。自分が気にし過ぎている事に気がついたら、「気にしない」事を意識しましょう。不安になってしまっても、「大丈夫、大丈夫」と、自分に言い聞かせましょう。

克服方法その2、完璧にやるのをやめる

気にしすぎる性格の人は、何事も完璧にやろうとしがちです。人に迷惑をかけたくない、自分の責任だから、など、真面目な人に多いようです。今回はそんな完璧主義を、捨ててしまいましょう。

「〜しなければならない。」と思っても、必ずしも、しなくてもいい事はたくさんありますし、「ミスをしてしまった。」と思ったとしても、自分が思っているほど、周りの人はあなたのミスを気にしていないものです。思考をいったんリセットして、ゆるめて行きましょう。

克服方法その3、今を目一杯楽しむ

気にしすぎる性格の人は、過去の自分の過ちを悔やんだり、将来の不安があったり、今にフォーカスできていない事が多いようです。きちんと考えるのは良い事ですが、気にしすぎると心の病気になってしまいます。

人は誰でも最後には死んでしまうのですから、人生は楽しんだもの勝ちです。
やりたい事をやりたいように、やってしまいましょう。美味しいご飯を食べたり、家族や友人と楽しい時間を過ごしたり、趣味に没頭するのも良いかもしれません。

まとめ

気にしすぎる性格の人は、ひとつの考えに囚われてしまうと、その事を気にし過ぎて、次の考えに移れなくなります。気持ちの切り替えを上手くやっていけるようになると、だいぶ楽になるかも知れません。

気にしすぎている事を自覚したら、意識的に気持ちを切り替える練習をしましょう。紙に書いて気持ちを切り替えることも、自分を客観視出来るので有効です。今までの苦しい時間が、気楽なたのしい時間になったら素敵ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク