2017
11.07
一生独身

一生独身の覚悟ある?アラフォー独身女子が今幸せか考えてみた。

恋愛

スポンサーリンク

「一生独身だったらどうしよう?」アラフォー女性にとって一生独身でいることが幸せなのでしょうか?それとも不幸せなのでしょうか?独身アラフォー女子にとって結婚の意味や今そこにある幸せを考えてみました。

アラフォー女の結婚率は1%の衝撃

35歳以上の女性が以後結婚できる確率は約1%という衝撃の数字が出ています。「いつかいい人が現われる」「そのうちなんとかなる」こんな楽天的な発想では、到底結婚できないのが現実のようです。

一生独身のまま過ごす可能性の方が高いため、本気で婚活したければできるだけ早く、そして結婚を本気で考えている方が集まる婚活パーティーや婚活サイトで結婚相手を見つけるべきです。

「結婚すれば絶対幸せになれる」の幻想

「結婚すれば絶対幸せになれる」と思っているアラフォー女性も多いと思いますが、友人が結婚して苦労している姿を見るとこう断言できます。「結婚しても結婚相手が借金まみれで浮気癖のある男だったら……逆に結婚しない方が幸せかも」と。
結婚すればお子さんが生まれますが、お子さんを育てるにも時間とお金がかかります。

それなのに旦那さんがだらしないと地獄のような苦しみを味わうことになります。結婚すれば絶対幸せになれる保証などどこにもありません。

自立した女性であれば結婚しなくても幸せ

もし親や兄弟に経済的な依存をすることなく、自分の足で生活できればそれが一番幸せかもしれません。一人が淋しいならペットを飼う、親と同居するなど淋しさを紛らわす方法は多数あります。お子さんのいない知人は、姪っ子を呼び寄せて同居していました。

自立した女性であれば、無理に結婚する必要はないと思います。焦って本意ではない男性と結婚し後悔するくらいなら、自立の道を進む方が幸せです。

仕事や趣味に打ち込めば時間がすぐに経っていく

独身のアラフォー女性は、仕事も趣味も熱心に取り組んでいるケースが多いもの。社会的にしっかりした会社や組織で働き、余暇の時間は趣味や旅行を楽しんでいるので時間があっという間に過ぎてしまいます。これって実はとても幸せなことなのではないでしょうか?

生活が充実しているなら幸せだと思います。一生独身であってもそれが悪いこと、不幸せなこととは言えません。

「いい人が現われるまで待つ」では一生結婚できない

「いい人が現われるまで待つわ」と言っているアラフォー女性。35歳以下の独身女性が結婚できる可能性はかなり低いので、呑気なことを言っていては一生独身のままです。本気で結婚したいのなら、今すぐに行動しなければ時間はどんどん過ぎてしまいます。また理想の高いアラフォー女性はハードルを下げた方が良いです。

「イケメンの30代男性、年収1,000万円求む」と言っても望み通りの男性は現われません。年代や年収、身長、職業などの条件を言わずに、ストライクゾーンを広めにとることです。

親の介護や自身の健康状態も重要

40代になると、早い人はもうお孫さんもいる年代です。親御さんも70代、80代となり介護が必要な年代になっています。
結婚相手を見つけたくても親の介護でそれどころではない、という方もいますし、知人の看護師に言わせると「今の20代・30代はメタボの方も多く自身の健康状態に気を遣わない人が多い」ということで、40代アラフォー女性は自身の健康状態にも気を遣わなければなりません。

このような事情があっても結婚してくれる人がいれば本物かもしれません。

まとめ

アラフォー独身女性が本当に幸せかどうかは実際のところ、本人にしかわからない問題です。ただ生活が充実しているのなら一生独身であっても大きな問題はないはず。人生を楽しめる人なら一生独身でも大きな問題ではないからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク