2017
11.12
ディスる男子

ディスる男の深層心理とは?

恋愛

スポンサーリンク

あなたのことをやたらと小馬鹿にしてくる男性、いませんか?あるいは、「それって褒めてるの?けなしてるの?」って言いたくなるようなことを言ってきたり。もしかしたらその男性、あなた好意があるかもしれませんよ!
今回はディスる男の深層心理を探っていきましょう。

 

ディスることで距離を縮めたい

初対面の時は遠慮し合っていた2人がちょっとした冗談を言えるようになったら…距離が縮まったような感覚になりませんか?
誰かと心の距離を縮めたいと思ったとき、相手をディスる(またはお互いにディスり合う)ことで打ち解けていくという方法をとる人もいます。

そういう人は、お互いのことを褒め合うだけではなかなか本音が言える中になれないと考えているようで、オープンで自然体な関係を理想としている人が多い傾向があります。女の子をちやほやするのではなく、一緒にいて気を遣わない人を好む男性に多いパターンです。

ディスっているけど、そこが好き

「お尻が大きい」「ばかだな~」とディスりながら、本当は「そういうところが可愛い♪」と思っているパターンです。
気が知れた相手のことを素直に褒められない男性って意外と多いもの。「そこが好き」と言えない照れ隠しとして、冗談まじりでイジッていると思ってください。

完璧なものより、不完全なものが愛おしくなるのが人間です。欠点を真剣に注意されている場合を除き、冗談めかしてディスってくる分には、「でも、そこが好きなんでしょ」と脳内変換して大丈夫です。

困ったり恥ずかしがっている女性を見るのが好き

男性には「男性が女性を守る」「女性は自分より弱い生き物」という設定がどこかにあります。ですが、実生活の中で明らかに女性の方が弱いということを見ることはそんなに多くなく、自分からそういう場面を作り出そうとする欲望から生まれてくるのがこのパターンです。

「女の子が嫌がっているのが可愛い」とか「恥ずかしがったりすると余計にやりたくなる」というようなことは大人の男性からもよく聞きます。あからさまではなくとも、案外こういう男性って多い気がします。

まとめ

子供のころ、好きな女の子の気を引きたくてその子に悪戯をしたり、ちょっかいをだす男子っていましたよね。さすがに子供のころのように女性に悪戯をしてくる人は少ないですが、「ディスる」ことで気を引こうとしている人はいます。

今後、男性があなたのことをディスってきたら、「もぉ~!そんなこと言わないでよぉ」と、可愛く怒ってみてください。
「ごめんごめん~」と言ってくるときの男性が妙にニヤニヤしていたら…ほぼ間違いなくこのケースでしょう。

ライター

ショウコ
ショウコ
恋愛や仕事がうまくいく情報を提供できるように日々ライターとしてできることを勉強しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク