2016
03.02
e0011_1024x768

お金をかけずにデットクスしてダイエット!

ヘルス

スポンサーリンク

デトックスという言葉かなり浸透してきていますよね。エステや岩盤浴、ヨガでデトックスなんて、よく芸能人がブログで書いているのを目にします。

ダイエットに効果あり

デトックスしてるなんてかっこいいしおしゃれだし、毎週やりたいところだけど、実際はエステや岩盤浴、ヨガ通いってなかなかできないですよね。経済的に…

女性ってお金がかかる生き物。美容に良いサプリだったり、美白化粧品だったり、ダイエットに良いエクササイズだったりと、月の美容出費は10万円以上なんて女性も多いと思います。

正直、1ヵ月の給料でデトックスに効くエステやヨガにお金をかけられないというのが本音ではないでしょうか。

簡単にデトックス

そこで、お金をかけずにデトックスできる方法がないのか調べてみることにしました。

食事治療法で痩せる3つの方法

お金のかからないデトックス方法を調べてみたところ、結構ありました!食事療法を中心に3つにまとめて紹介していきたいと思います。

便秘解消

1つ目は、腸活です。

小腸や大腸の機能を活発化させることで、体内の毒素を体外に排出させ、便秘を解消することが大事だそうです。腸活で注目されている食材を10個あげてみました。

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 味噌
  • 納豆
  • 甘酒
  • じゃがいも
  • バナナ
  • さつまいも
  • ごぼう
  • アボガト

善玉菌を増やす発酵食品やオリゴ糖が豊富な野菜、食物繊維が豊富な野菜や果物が良いです。

特に、朝ごはんはしっかり食べて、腸活に良い食べ物を口にするとお通じが良くなるんだとか。朝ごはんは、バナナヨーグルト、納豆ご飯とお味噌汁、アボガトやゴボウのサラダ、焼き芋などを食べるとよいと思います。

昨日の朝ごはん♡ ~前日の夜は飲み会でしたver.~ 帰りは駅でパンプスからスニーカーに履き替え50分山道歩いて帰宅♡笑 もちろん、行きもね♡ * 糖質は体内にエネルギーとして蓄積されるときに3倍の水分を必要とするため、むくみやすくなる=一時的に体重も増える。48時間以内に調整が鉄則♡ 何を食べないかも大切だけど、それより、何を食べるか♡ むくみには“カリウム”→塩分排出&利尿作用(果物、野菜、海藻、大豆類)。“レシチン”→水分代謝促進(卵、納豆、豆腐、豆乳) * なのでいつもより、アボカド、ニンジン、ジャガイモ、しめじでカリウムを♡ 卵、豆乳でレシチンをたっぷり摂取♡ * #エステティシャン#セラピストごはん#えりかごはん#栄養学#栄養#食#野菜#ワンプレート#ベジフル#クッキングラム#朝ごはん#おうちごはん#朝食#料理#正しく食べる#インナービューティー#予防医学#豊かな食卓#和食#デトックス#カラフル#旬#私たちは食べたものでできている#ウォーキング#homecooking#Japanesefood#instafood#vegetable

善積恵利華さん(@0917erika)がシェアした投稿 –

2つめは、毒素を捕まえる成分が入っている野菜や果物を食べること。具体的には、以下の5個です。

    • ほうれん草
    • タマネギ
    • トマト
    • リンゴ
    • ニンニク
便秘を今すぐ解消!便秘が引き起こす症状と意外に簡単な解決法
1年中、肌荒れがひどい…最近、口臭や体臭が気になる…昔よりも体の冷えが気になる…これ、全て便秘の症状かもしれません。便秘ってお腹が張って辛いだけじゃなくて、美容にも健康にもいいことなし。便秘は大腸に悪いものを溜め込んでることになるので、体への負担が大...

簡単に野菜を摂取

野菜類は生だとたくさん食べるのは大変なので、蒸し野菜やグリーンスムージーが摂取しやすいです。ニンニクは取りすぎると下痢になったり、胃腸が荒れるので1日1辺くらいを目安に取ってみてください。

最近 よく飲んでるスムージー😊🎶 美味しいの🤗 #スムージー #グリーンスムージー は初挑戦

きょうこさん(@kyoko2613)がシェアした投稿 –

老廃物を体外へ排出

3つ目は、肝臓を活性化させること。

肝臓は第2の心臓と言われています。肝臓は、アルコールや薬、老廃物といった体に悪い物質を分解する役割があります。肝臓の機能を高めれば高いデトックス効果が得らるといえるのです。

肝臓の機能を高める方法4つ

1つ目は、お酒を控えること。

ストレスを貯めることも肝臓には悪いので全く禁酒というのはよくないですが、毎日飲んでいるのであれば週2くらいに押さえるとか、週末だけに控えるといった方法を取るとよいでしょう。

また、飲むお酒を変えてみるというのも手段の1つ。腸内バランスを整えて老廃物を体外へ排出してくれるデトックス効果のある白ワインに変えてみてはいかがでしょうか。

赤ワインはポリフェノールが入っていて美容に良いイメージですが、タンニンが血管を収縮させる作用があるので腸内機能を低下させる可能性もあり。赤ワインより白ワインが良いですね。

デトックス効果の高い果物のバナナやリンゴを白ワインでミックスさせてサングリアを作ってみたり、乳酸菌の入ったカルピスを混ぜてカルピスワインというのもおいしいそうです。

3つ目は、良質なたんぱく質を積極的に取ること。豆腐やおから、豆乳や納豆などの大豆製品は毎日取るのが望ましいです。

4つ目は、体内からではなく体外から肝臓の機能を高める方法です。肝臓辺りをカイロで温めてみてください。

肝臓は痛みを感じない場所なのでどこにあるか分からないという方が多いと思います。肝臓は、横隔膜の下にあります。胃の裏の辺りを背中から温めましょう。肝臓は横に広がっている大きな臓器なので、左から右に広い範囲で温めてみてください。

無理せずにできちゃう

お金をかけずにできるデトックスは食べ物や飲み物が大事ということが分かりました。デトックスに効果があると言われている果物や大豆は食べやすいものばかりだし、白ワインもおいしいのでこれなら無理なく続けられそうです。

塩分の取りすぎに注意

ただ、デトックスに効果がある果物や大豆を食べたり、肝臓の機能を高めるようにしても、痛み止めを飲みすぎたり塩分を取りすぎたりしてはデトックス効果は半減します。肝臓は体に害のあるものを体外に排出する機能がありますが、薬や塩分、化学調味料などを過剰に取ると肝臓が疲れてしまうからです。

デトックス効果のある食べ物を食べることも大切ですが、塩分を控えた食事を作ったり、味の濃い外食やファストフードは控えた方がよいと思います。こちらで紹介した果物や大豆製品を取るといった方法は、毎日無理せずにできるデトックス方法です。冷蔵庫には納豆やヨーグルト、バナナやリンゴを切らさずに常備していきたいと思います。

デトックスで毒素を抜いて体内から綺麗に

デトックスという言葉を聞くと、お金をかけてエステをしたりヨガに通ったりとセレブなイメージが強いですが、お金をかけずにデトックスできる方法はたくさんあります。お金をかけないデトックス方法は、かっこいいとかおしゃれとかいうイメージだけではなく、医学的に体の毒素を抜くことができる方法のように感じます。

🌿🌱パークヨガ🍃☘️ 今日も行ったヨ❗️#名城公園 💚 またまた快晴☀️☀️☀️ 美女は太陽までも味方に付けるどー❗️ 。 。 @taeko.0814 ❤️ @nao_ko0209 ❤️ @rienanda68 ❤️ たえこ先生、なおこ先生💕 本日も楽しくて元気になれるヨガ💖 ありがとうございました🙇 りえ様💕いつも楽しい企画🌈 ありがとうございます🙇 。 また次回が楽しみ〜〜🎶🎵 ◆今回は鼻の下伸びてないよネー😅 。 。 。 そして Pic5 。 ヨガの待ち合わせ場所🍃 スタバにいたら…….😳😳😳 見た事のあるお顔と見覚えのある ポーズで写真撮ってる人達⁉️⁉️ 。 勇気を出して声をかけた @nagoya_ig_runners 名古屋igランナーズの皆さんだ〜〜🤣 。 @tuji.kaka.1030 つじちゃん💕 いつも会いたい言ってたけど☘️ こんな偶然会えるとは❗️運命だネ‼️ 。 @hiromasakasuya ひろさん👍 ララランドの頃からファンだったヨ‼️ 偶然の出会いに感謝だよ🙇 。 ランニングに参加してないのに🏃‍♀️🏃 チャッカリPicに入れていただき ありがとうございました😊 。 この人達メッチャおもろい🤣🤣🤣 サタデーナイトフィーバーの ポーズもやったヨ🕺💃🕺 。 #ナイキプラス #ワークアウト #ヨガ #ボディメイク #ダイエット

ken86さん(@kenken252525)がシェアした投稿 –

お金をかけなくても体内からきれいになる方法はたくさんあると思うので、デトックス方法だけではなく他の美容法についても追加で調べていきたいと思っています。

この記事を読んだ人におすすめ

ダイエットが続かないあなたに!食事制限なしで痩せる方法
ライザップのCMを見てうらやましがる世の中の女性はたくさんいることでしょう。痩せるというのは女性の一生の課題だと思います。年中ダイエットしている世の中の女性は多いのではないでしょうか?でも、ダイエットできつい運動をしたり、甘いものや脂っこいものを食...
海外セレブも実践している「水を飲むダイエット」。水ダイエットは簡単にできるけどやり...
水ダイエットは水を飲むだけで体内を綺麗にしてダイエットですが、間違えた方法で水ダイエットをすると身体に悪影響を与えダイエットに逆効果です。ただ水を飲めば良いというわけではありません。水ダイエットについて間違えやすい誤解と、正しい方法について紹介し...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク