2017
10.18
人間関係

人や環境に流されない人になるための5つの鉄則

キャリア, コラム

スポンサーリンク

自分自身を持つという事は実はとても難しいことです。仕事やバイト、プライベートなど常に人と関わっているうちに、自分というものがなくなり「人や環境に流されている」と感じて悩んでいませんか?

「人にも環境にも流されない人間」になるための5つの教訓をピックアップしました。ひとつの意見として参考にしてみてください。

深刻にならないほうがイイ

自分が人に流されてしまってばかりいるのではないかと不安になると、どうにかしてその状態から抜け出したいと思いますよね。流されない方法を探そうとしてこのページに辿り着いたのではないでしょうか?

色々なサイトを見てみると「人に流されないようになるには、自分をもつこと」というようなことが定番で書いてありますが、それは間違いです。自分で思うことや、やりたい事があってもできないから、結果的に流されていると感じる行動をしてしまうのです。

そもそも、「流される」というのは悪いことではありません。人間関係や仕事などをスムーズに行うための協調性の一つです。「流されてばかりの自分がいやだ」と思っているかもしれませんが、あなたは周囲に合わせられる人です。深刻にならずに自分を肯定してあげましょう。

うわべで人と付き合わない

うわべで人と付き合っていると、本音で自分の意見を言うこともできず周囲に合わせすぎて流されているという状態になります。

人付き合いをする上で相手に合わせるというのは関係性を潤滑にすすめるためには大切な事ですが、相手に合わせすぎると自分が後々辛くなってしまいます。興味のないものに興味のあるふりをしたり、行きたくない場所に行ったり、ストレスが積み重なってしまいます。

相手に合わせすぎて流されてしまう人の特徴として「自分の意見を言って対立したら嫌われるのではないか」という不安があります。

まずは嫌われる勇気を身に付けましょう。その程度で嫌われたなら長く付き合いを続けていても良いことは一つもありません。しっかり自分の意見も尊重してくれる人と付き合うには、自分の本音をしっかり相手にも伝えなければいけません。

人からどう思われてるか気にしない

上記でも書きましたが、「自分の意見を言って対立したら嫌われるのではないか」というのが流されやすい人の考え方です。

「みんながこう言っているなら」「みんながこうしているから」と自分主体ではなく、人を主体にして考えてしまうと流されてしまいます。人の目を気にしないというのはとても難しいことですが、気にしすぎないというように意識してみましょう。意見の食い違いが多少あったところで、嫌われるようなことはありません。

たとえば、自分だったら自分の意見と反対の意見を持った人に対して、すぐに嫌いになったりしますか?「こういう意見をもっているんだな」程度ですよね。それを自分にも置き換えてみてください。周囲に合わせないからといってすぐに悪い印象を持たれるわけではありません。人目を気にしすぎないようにすると気も楽になります。

人の気持ちや本質をみるようにする

「自分は人に流されている」と感じているのは、周囲の意見に納得をしていないからそう感じるのではないでしょうか。

自分が納得した上でしているのであれば、「自分の意思で選んだ」という気持ちになるものです。なぜ周囲の人がそうしているのかという本質や理由を理解していますか?言われるがまま行動するのではなく、「なんで?」と相手に一言聞いてみましょう。本質や理由を自分が理解し、納得すれば「流されている」と感じることもなくなるはずです。

本能的に発言・行動をしない

本能的に発言をしたり行動をするのはやめましょう。人に流されないというのは、自分のやりたくない事はしないという事です。自分は何をしたいのかという事を考えるために一呼吸おいてから話したり行動に移すようにしましょう。しっかり考えてから行動をすれば、流されてしまう事も減るはずです。

「本当はこうしたかったのに」という気持ちはストレスに繋がりますので、後悔のないように行き当たりばったりで発言をしないようにしましょう。

まとめ

現代では空気を読まないといけないという強い風潮があります。人と違う意見や行動をしたら「空気が読めない人」に認定されてしまうので、ついつい空気を読んで周囲の意見に流されてしまうのです。周囲と意見が違うことは悪いことではありません。「流されている自分が嫌だ」と感じるなら、少し勇気をだして自分の意見を主張していきましょう。

これを読んだ人はこんな記事も見てる

「仕事行きたくない・・・、でも休む勇気もない・・・」 なら上司に相談して欲しい
「仕事に行きたくない」こんな事を毎日思いながら私は仕事に行っていました。仕事をしていても「帰ってしまおうか」「あと何時間したら帰れるんだろう」という思いが頭の中をぐるぐる回っています。「仕事に行きたくないけど休めないから行くしかない」それは本当に...
「仕事できない=残業が多い」ではない4つの理由
最近では残業が多い社員は定時の時間内に仕事が終わらなかったというマイナスイメージがありますよね。毎日残業続きで「時間内に仕事を終えられない自分は仕事ができないんじゃないか」と悩んでしまっていませんか?仕事ができないと思い込まないで!仕事ができない...
部下に嫌われる上司と人気がある上司の違い5つ
突然ですが、部下から嫌われている理由はなんだと思いますか?この記事は、部下から嫌われているんじゃないか・・・とちょっと弱気になっている女性管理職の方に向けて、私の部下との関わり方を書きたいと思います。私は10年勤めている会社で新人の教育、中途の教育をや...
上司に好かれるかわいい部下になる3つの教訓
社会人になってまず気になるのは上司との関係ですよね。上司との関係が良好でないと仕事をスムーズに進めることはできません。上司から好かれる部下になるには、ちょっとしたコツがあります。このページでは上司に好かれることで仕事にどう影響していくのかという事...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク