2017
11.09
転職活動

転職活動に疲れても忘れてはいけない5つのメソッド

キャリア

スポンサーリンク

転職活動もなかなか採用にならないと落ち込んできますし、どうしたら採用になるのか頭を悩ませてしまいますよね。
あちこちの企業説明会などに参加してみたり、思考の堂々巡りがはじまり疲れ果ててしまう人もいるかと思います。
そこで今回は転職活動に疲れても忘れてはいけないこととして5つの方法をご紹介していきます。

笑顔忘れていませんか?

転職活動をしはじめたときは意気込みややる気があり、それほど意識をしなくても笑顔でいられることが多いかもしれません。しかし、転職活動を続けていくにつれ、少しずつ「今のままでいいのかな?」「私のやり方は間違えているのではないか?」など疑いや疑問を持ち始めると頭であれこれ考えるようになり、意識をしなくてもできていた笑顔が失われていきます。

面接時にも自然に振舞うことができずぎこちない言動で相手に悪い印象を与えかねません。ここに潜んでいるのは「自信のなさ」にあります。

過去の自分と再開し自信を取り戻す

子供の頃に時間も忘れて没頭していたことはありますか?もしくは子供の頃に褒められたことは何だったでしょうか?
これまでの転職活動で面接に行った職業と照らし合わせてみましょう。それが仕事につながらないという人もいるかもしれませんが、ここで大切なのはあなたが何を好きかということを知ることにあります。

自信を取り戻す近道はあなたの好きなことや得意を見つけることではないでしょうか。あなたの好きだったことやよく褒められた事の中にそのヒントはあります。

仕事があなたを選びます。

あなた自身が職業を選んでいるように感じると思いますが、実は仕事があなたを選んでいるのです。
これは自信を取り戻したあなたのもとにはこれまでとは違うご縁が生まれるということを表しています。

あなた自身が魅力的な存在になることを意識しながら転職活動をしていくとこれまでの結果とは違った結果になること間違いなしです。
さらに言いますと、影響をされる人間ではなく影響を与える人間になりたいと思うことでまたあなたの人生は変わっていきます。

一緒に働きたいと思われる人でありたい。

あなたは同僚や上司として一緒に働きたいなと思う人でしょうか?一に笑顔を忘れない。二に子どものころの好きだったことや褒められたことを思い出す。三にそのことを通して自信を取り戻す。四にあなたは仕事から選ばれているんだと思うことで意識を変え、五に、同じ職場で一緒に働きたいと思ってもらえることを目指すことです。

面接をしてくれる面接官もあなたと同じ人間です。望の持てる人材であること、そのことを面接時に発揮できるよう普段から魅力的な女性でいたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク