2017
12.02
小心者

小心者を克服して違う人生を歩む方法3

キャリア

スポンサーリンク

気が小さく、何事にも消極的、心配性で自信もない、新しいことにも手を出せない、そんな小心者で、仕事もプライベートも上手くいかないと悩んでいる人が、小心者を克服して新しい人生を歩む方法を3つご紹介します。

方法その1、我慢しすぎない

小心者の人は、自分の意見があっても、まわりと違うと我慢してのみこんでしまったり、自分の欲に正直になれないところがあります。あまり我慢をしすぎても、不満足が続き、体調を崩してしまうかも知れません。自分の意見は言っても良いし、欲に忠実になっても良いのです。

こういうタイプは気を遣いすぎて、勝手に消耗している場合も多く、もっと自由に振る舞ったほうが、相手も嬉しいと思います。我慢しすぎていると感じたら、そんな自分を解放してあげましょう。

方法その2、他人の評価を気にしない

小心者の人は、承認欲求がすごく強いことが多いです。常に周りの様子を伺って、ビクビクしています。自分を卑下する傾向があるので、少しのことで自分を責めてしまうのです。他人の評価ばかり気にする理由は、自分自身の事ばかり見ているからです。これからは自分ではなく、他人のことを気にかけてあげませんか?

心配事のある人の話を聞いたり、困っている人を助けたりしていれば、自然と自分を卑下することも減ってきて、人の目も評価も、気にしなくなるでしょう。

方法その3、人をジャッジしない

他人をジャッジして優劣をつける癖のある人は、自分に対しても否定的で、小心者になりやすいです。上には上がいるもので、人に優劣をつけているうちは、劣等感は無くならないでしょう。そんな人は、他人と常に競争しているのかも知れません。人によって、得意分野も苦手分野も違います。優劣など、つけられないのです。

他人は競争相手ではなく、得意な事を提供しあって助け合う仲間なのです。あなたもやっていて楽しい事を見つけて、それを伸ばしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?小心者だと、色々なことが気になって、自分の人生に集中できないので、満足感もなかなか得られないのです。我慢しないでリラックスして、のびのび自由に得意分野を伸ばしていけば、きっと他人の目も気にならなくなるでしょう。好きな事が見つかったら人は強いです。

他人を批評したり、優劣をつけたり、自分を卑下したりすることも無くなるでしょう。あなたが小心者でなくなったら、きっと可能性が解放され、活き活きと生きられると思います。

この記事を読んだ人におすすめ

負のオーラを消したいなら今すぐ実行すべき7つのコト
何となく人と上手く付き合えない。初対面の人と仲良くなれず、いつの間にか孤立していることが多い。このようなことに悩んでいる人はいませんか?このような人は、知らず知らずのうちに「負のオーラ」を纏っているかもしれません。負のオーラは人を寄せ付けず、遠ざけ...
たった6ヵ月で気さくな人になれる10のステップ
気さくな人って憧れますよね。特に目立とうとしているわけでもないのに、皆から好かれるようなキャラクターで好感度抜群な気さくな人。自分もあんな穏やかで人間関係が良好な人になりたいと思う方が多いと思います。では、どのようにすれば気さくな人になれるのでし...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク