2017
10.08
人気者

職場で人気者になる方法ってある?人との距離のとり方が上手な人は職場で人気者になれる

キャリア

スポンサーリンク

会社で人気者になると仕事もスムーズにできる事は間違いありません。でも人気者ってどうすればなれるのか?癖の強いあの上司からも好かれてるなんて…!職場に誰からも好かれている人気者の人っていますよね。職場内の人間関係は学生のときとは違い、フランクすぎてもダメだし距離がありすぎてもダメです。

職場で人気者のいくつかの共通点をあげました。体験談も含めて紹介していきます。

共通点は「人に干渉しない、人の影響を受けない」人

学生の時は誰かがトイレに行くと言えば全員でぞろぞろトイレに行く、隠し事があったら親友失格、なんでも私たちに話せというミニ独裁国家ができていたと思います。(主に女子ですね)職場では今までのような人間関係の作り方では人気者とは程遠くなります。人のやる事・仕事のやり方・プライベートな事に干渉しない事です。

そして「人の影響を受けない」事は、今までの学生生活では集団行動が重視され回れ右で同じ事をみんなでやっていましたが会社では違います。
自分で考え、自分で行動をしなくてはいけません。でも、人の影響を受けず自分を持ち続けるってとても難しいことですが、だからこそそういう人物は人気も集まります。

プライベートを出さない

ミステリアスな人ってどんな人なのかよく分からないからこそ、興味がわくものです。

人間は自然と知らないものに興味を持つという心理があり、もっと知りたいというのは「ツァイガルニク効果」といいます。「ツァイガルニク効果」は恋愛でも役に立つ心理効果ですが、これは仕事上の人間関係でも効果的な心理効果です。人は、すべてを知ってしまうとだんだん興味が薄れてきます。少し謎めいた部分があると気になるし知りたくなりますよね。

興味は好意とイコールです。職場の人気者になりたいのであれば、プライベートは全てさらけ出さずにしておきましょう。

仕事に関係ない話は基本的に聞き役

話し上手な人は好かれますが、話上手になるのってハードルが高いですよね。まずは、話すのではなく聞き上手になりましょう。特に仕事に関係の無い話の場合は聞き役に徹するのが吉です。仕事に関係ない話とは、たとえば同僚や上司の悩みやその人のプライベートの恋愛の話、家族の話などです。

下手にアドバイスしたり、反応や気に掛けすぎず、適度に聞くようにしましょう。聞き役って思っているよりもしんどいですが、話半分で聞くだけでもOKです。相手もオーバーに反応されるよりもさらっと聞いてもらえたほうが楽な場合もありますので、親身になりすぎず話しやすい印象を与えましょう。

感じが良い。話かけやすい

人気者の人って感じがよく物腰の柔らかい人が多いと思います。人から感じが良く話しかけやすい印象を持たれるには、笑顔でいることが効果的です。たとえば朝の挨拶や帰りの挨拶のときに、うつむきながら顔を見せずに挨拶をするよりも目をあわせて笑顔で挨拶をした方が相手に良い印象を与えます。

良い印象を持たれれば自然と相手から話しかけられるようになります。笑顔でいるという事は本当に笑う必要はなく、口角をあげているだけで相手からは笑顔に見えますので意識してみてください。

悩みやしんどいこと、嬉しいことに共感してあげる

共感は一番手っ取り早く信頼を深められるコミュニケーション方法です。人は話を聞いてもらい、共感してもらえるとその人に対して自分を理解してくれる人だと感じ好意的になります。共感するという事は特に難しいことはなく、相手が悩みや嬉しかったことなどを話してくれたら「うんうん、そうだね」と聞くだけでも共感されていると思わせることができます。

自分の悩みや嬉しいことを分かってくれる人が欲しい人はたくさんいます。自分のことに共感してくれる人は自然と人気が集まります。

まとめ

職場で人気者になるには見た目がいい必要はありませんし、話がおもしろいという必要もありません。人に踏み込みすぎず適度な距離を保てる、聞き上手な人が人気者になります。ついつい自分の話ばかりしてしまったり、人の悩み事にアドバイスしすぎてしまっていませんか?

上記の人気者の共通点と自分自身はどのくらい同じで、どのくらい違うのかを意識してみましょう。今日から実践していけば、すぐに職場で人気者になれるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク