2017
08.20
仕事早退する理由

だるいから、遊びたいから「仕事を早退したい」 気軽な早退が招く「社内での孤立」

キャリア

スポンサーリンク

仕事を早退したい!でもどんな理由で早退しよう…。正直なところ仕事する気分じゃないから早退したい・・・、休みの友達から連絡きて、遊びに行きたい、など、常識で考えて早退理由にならない理由の場合、嘘をついて早退することになります。仮病を使ったり、仕事以上に大事な用事があることにしたり、早退すること自体はそこまで難しくないです。でも、気軽な早退は決して続けないで欲しいです。

では、本題に入ります。

仮病が一番怪しまれないと思ったら間違い。でもほぼ100%早退できる

仮病は一番怪しまれないと思ってしまいますが、実は逆。仮病を使う人は、だいたい水曜の午後と金曜の午後と月曜日の午前に仮病を使うことが多い気がします。「体調が悪い」といわれたら会社は体調が悪い人を無理に働かせることはできないので、「しょうがない」という結果になります。

でも、経験の長い管理職の上司の下で働いているなら、仮病はすぐにバレます。「大丈夫?お大事に」と言いますが、その裏で仮病であることを察しています。いちいち本人を問いただすことはしないので、仮病を使いすぎて見捨てられないようにしましょう。

仕事以上に大事なことを理由にすれば早退できる

病気以外の理由で早退をする場合は、「仕事以上に大事な用事があり早退する」という事です。

たとえば、子供の行事や身内の看病や通院の付き添い、工事(マンションの水道工事やネット開通工事など)があるから早退するという理由であれば自然です。ただ前述の理由ですと事前に分かっっているはずなので予め早退すると言っておかないと多少不自然に思われます。

このような理由も「仕方ない」と思わせる早退理由にはなりますが、のちのち本人が困ることになるかも知れませんので、注意が必要です。

あなた:「ネット回線の工事来るので早退させてください」
上司:「また?」

仕事に支障がでないように

早退をする時はなるべく暇なときがベストです。仕事が忙しいときに休んだり早退をすると周囲からの恨みを買い、早退に対しての疑念を持たれます。

仕事が暇で休んでも支障がない時であれば、周囲も休んだ人に対して詮索もしないので仮病バレや嘘バレする可能性もほとんどありませんし、周囲の恨みを買うこともありません。

暇だからといって、早退していいわけではありません。そもそも自分の仕事に余裕があるなら、他の人の仕事を手伝うべきなので、自分のものさしで仕事の忙しさを決めてはいけません。

ただ、忙しくない時なら「今そこまで忙しくないし、抜けても大丈夫だろう」と簡単に判断させることができてしまうのです。

仮病とばれないようにSNSの使用に注意

仮病で早退したとバレるのがTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSです。仮病でうまく早退できたことに喜んでTwitterで「仮病で早退した!」とツイートしてバレたり、体調が悪いはずなのに楽しそうな写真をInstagramにアップ。本当にバカです。

会社関係の人とフォローしあっていないからと安心してはいけません。
あなたのSNSを社内の誰が見ているかは分かりませんので、SNSも気を抜かずに仮病を突き通しましょう。仮病臭いと感じ取られたら、どこの部署にも1人は、SNSを調べる暇人がいるので、これはあとあとめんどくさいことになるので、気をつけてください。

私からしたら、仕事中に早退した人のSNSを見てることも早退した人と同レベルなので、怒りたくなりますが・・・

早退が癖にならないようにすること

みんなが仕事をしている時に、自分だけ仕事をせず好きなことをしているというのは優越感ですよね。

でも、嘘の理由で早退するという事は、仕事をサボるということと一緒です。たまにはサボる事も必要ですし、問題はなにもないと思いますが、嘘をついてサボると、実は癖になってしまいます。そして、その行動が行き過ぎると、嘘もつかず何も言わず帰ってしまう・・・。という行動になる可能性があります。

仮病で早退したとしましょう。社内の人は仮病の場合、だいたいわかります。そして、大丈夫?と声もかけなくなります。仮病とはいえども、心配されないとちょっと寂しくなります。結果、かまってほしくなります。でもその時には誰もかまってはくれません。一緒に仕事して早退されるのがいやなので、関わろうとしなくなります。

早退が多くなり、社内でも煙たがられて仕事がしづらくなってしまうこともあるので、早退は自分の中でルールを決めて程ほどにしましょう。

まとめ

疲れが抜けなかったり、いつもと違うことをしてリフレッシュしたい時は、息抜きも必要だと考えています。今はバリバリ働いている上司や先輩も一度は早退をしてリフレッシュした事もあるのでは?ストレスで押しつぶされそうになってる状態で頑張っても、みんなの足をひっぱるだけ。

できれば、嘘になる理由をつけずに、早退しなきゃいけないくらい行き詰ってるなら、上司に相談できるといいですよね。相談できないダメ上司の下で働いているなら仕方ないです。

仕事を次の日から頑張るためにも、たまの早退はよい効果があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク