2017
11.12
仕事

仕事で過大評価されるプレッシャーに打ち勝つ3つの方法

キャリア

スポンサーリンク

自分の実力がともなっていないと感じているのに周りからの評価が高いと嬉しい反面失敗できない不安や恐れが出てくる場合があるかと思います。そんなプレッシャーを感じたときに打ち勝つための3つの方法をご紹介します。

1、完璧を目指さない。

「私にできるだろうか・・・。」「失敗したらどうしよう・・。」などネガティブな思考に陥ってはいませんか?
たとえば、その気はなかったのに肩書きをつけられ役職につくことになったり、過大評価され別の部署に移動になったりなど。
こんなときにまず大切なのは、完璧を目指さないということだと思います。

どんな人間でも完璧な人はいません。今のあなたにとって必要なことは、そのプレッシャーから少しでも逃れ楽になることです。
楽になるためには失敗できないという完璧主義を手放しましょう。

2、周りの職場の人たちを信頼する。

まわりの職場の人たちを信頼し、仕事を抱え込まずに振り分けるということも大切ですね。完璧主義の人は他人を信用できず、仕事を抱え込んでしまう傾向があります。上司や同僚を信頼する勇気を持ちましょう。もっと周りの人を頼ってもいいんです。
そして、周りの不完全さに苛立ったとしてもハードルを少し下げてあげましょう

周りと協力しながら歩調を合わせ一緒に頑張るという姿勢で仕事を進めていきましょう。すべてをあなたが背負う必要はありませんよ。

3、初心にかえる

社会人になった頃や今の職場で働きはじめた頃を思い出してみましょう。どのような気持ちだったか思い出せますか?
何事においてもそうですが、人は慣れてしまうとなんでも当たり前に思ってしまうものです。今の職場が採用になったとき、あなたは真っ白なキャンパスでした。どんな色に塗ってやろうかとやる気に満ちていたはずです。

そして、プレッシャーも何もなく一生懸命目の前の仕事に集中していたのではないでしょうか。あの頃の自分の姿をぜひ思い出して心機一転リセットしてみてくださいね。

いかに不安や恐れを手放せるかが勝負です!

過大評価と感じているその仕事をあなたに任せた上司がいるはずです。その上司は他の誰でもない、あなたにはできると感じたから仕事を任せました。まずは任せてくれたその上司のためにその仕事を頑張ってみましょう。そして、プレッシャーは失敗する恐れや不安からくることが多いものです。

上記の3つはその恐れや不安を少しでも手放せるような方法をご紹介致しました。
不安を恐れずあなたらしい仕事ができるような契機になるといいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク