2017
11.26
仕事辞めたい

1年目で仕事を辞めたい!正しい選択と後悔しない対応法

キャリア

スポンサーリンク

p>入社1年目に仕事を辞めたいと思う人は、意外に多いといわれています。入社1年目は社会経験も乏しく、会社の雰囲気や仕事内容が自分に合っているのかも分からないまま就職するので自分の理想と現実が違っていたというギャップが生じ、辞めたいと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は入社1年目で仕事を辞めたい!と思っている人のために、正しい選択と後悔しない対応法をご紹介します。

入社1年目で仕事を辞めたいと思う原因

入社1年目で仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、どのような原因が一番多いのでしょうか。
仕事を辞めたいと思う原因をピックアップしてみました。

原因1、人間関係

社会に出ると人間関係の悩みはつきものといわれますが、会社の中で派閥があったりすると、その雰囲気に馴染めず孤立してしまうことがあります。上司や同僚との関係で悩んだり、中には社内恋愛でドツボにはまってしまう人もいます。

原因2、パワハラ・セクハラ

昔から会社でのパワハラやセクハラは日常的に行われていました。20代の新入社員と40~50代の上司とでは世代も違い、考え方も全く違います。若い部下が不快に感じることを気づかずにパワハラやセクハラだとも思わず平気でする上司もいます。

原因3、仕事内容が合わない

仕事内容が自分の適性に合わなければ、毎日が苦痛でストレスの連続です。目標やノルマを与えられてもやる気がでないので、当然のことながら、成果も上がりません。

原因4、待遇が悪い

給料や勤務時間などの待遇が悪いことも辞めたくなる原因のひとつです。仕事内容に対して報酬が安すぎると力がでなくなりますよね。勤務時間が長かったり、残業時間が多かったりすると心と体を休める時間がとれません。新入社員の過労自殺が社会問題にもなりましたが、会社側は新入社員に即戦力を求めているところもあります。

原因5、会社の雰囲気が合わない

会社によって雰囲気は全く違います。飲み会が多かったり、体育会系だったり・・・という独特の雰囲気に馴染めないこともあります。

正しい選択と後悔しない対応法

入社1年目に仕事を辞めたいと思った時、後で後悔しないように正しい選択をするためには、どんな点に注意して対応していけばいいのでしょうか。

転職する

ストレスで体を壊してしまうくらいなら、その前に会社を辞めて転職するというのも賢明な方法です。辞めると決めた場合は、貯金をしたり次の就職先を探す準備を始めるのが先決です。次の就職先を探す時には、同じことの繰り返しにならないよう慎重に下調べをしてから行動に移しましょう。

少し様子を見る

今すぐ辞める決断ができない場合は、3カ月・半年・1年という期間を決めて様子を見ることをおすすめします。社会に出れば、理想と現実のギャップはつきものです。自分の理想に合った完璧な会社など、なかなかあるものではありません。会社を辞めたいという気持ちが一時的な感情であるならば、少し様子を見てから判断しても遅くはないでしょう。

会社を休む

心に余裕がなくて、どうしたらいいのか分からない場合、少し休めば冷静な判断ができる場合もあります。何日か休みをとって休養したり、休職して今後のことを考えたり、時間をおいてみることもひとつの方法です。

今いる場所で頑張ってみる

転職して環境が変われば、仕事内容や人間関係が変わり、自分自身も変わったように感じますが、環境を変えたところで人はそんなに簡単には変わることはできません。今いる場所で自分を変える努力をしてみることも必要ではないでしょうか。

まとめ

入社1年目に仕事を辞めたいと思う人は多いですが、その理由は人によって違います。周りの人に相談したり、アドバイスをもらったりしても、最終的に結論を出すのは自分自身です。社会人なのですから、自分の人生は自分で責任を持たなければなりませんよね。

入社1年目で仕事を辞めたいと悩んでいる人は、今回ご紹介した対応法を参考に、後悔しないような正しい選択をして頂けたらと思います。

この記事を読んだ人におすすめ

女性がやっぱり不平等…と思う男尊女卑の実態!職場の暗黙了解ルール
今は男女平等の時代と言われていますが、会社で働く中で「女性がやっぱり不平等」と感じている女性はたくさんいます。では実際にどんな男尊女卑が未だに行われているのでしょうか?お茶出しは女性の仕事事務所の同僚や上司、また来客へのお茶出しはすべて女性の仕事...
辞めた会社に戻りたい!転職失敗に陥った時にやるべき対応法3
仕事が安定しない今の時代では、一つの会社で一生を過ごすと言う人は非常に少ないと思います。そして転職して色々な仕事を経験していく中で、転職前の会社の方が良かった・・・と後悔してしまうこともありますよね。昔に比べて出戻り就職することも増えていますが、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク