2017
11.07
仕事でミス

仕事で大失敗…辞めたい!あるある失敗談集

キャリア

スポンサーリンク

仕事で大失敗をしてしまってもう明日から仕事には行きたくない!と悩んでいるあなたの大失敗は、あなたが思うほど大失敗でしょうか?仕事をしていればみんなたくさんの失敗をしています。また失敗をしない「人」は存在しません。

ではみんなはどんな仕事の失敗をしているか紹介していきます。

発注数の桁が・・

製造会社で部品発注業務を担当しています。私がしてしまった仕事の失敗は発注数の桁間違いです。本来は1,000個の発注をするはずの部品を、桁を間違えてしまって届いた個数はなんと10,000個でした。何かの間違いと初めは思って部品会社に問い合わせをしたんですが、注文は10,000個で来ていると・・。改めて自分が依頼した発注数を確認したら確かに10,000個でした。ゼロが一つ多い私の間違いでした。

部品会社に返品も出来ず(指定して作ってもらっているサイズなので返品は効きませんでした)、会社に大損害を与えてしまいました。もうその時は逃げ出したい気分でした。あれから3年たちましたが今もたまにその話題が出てきます。
もちろん今は笑い話にしてくれていますが・・・。

シュレッダーで・・

私が仕事で大失敗をしてしまったのは、入社1年目です。会社の大切な重要書類を間違ってシュレッダーにかけてしまいました。「これは先方に発送しておいて」と頼まれた書類とシュレッダーにかけるものを机の上で同じ場所にまとめていて、誤ってその発送する重要書類までシュレッダーにかけてしまったんです。シュレッダー作業が終わって発送の手配をしようと机の上を探してみても、どこにもその書類がなくて、もうパニックです。

でも、もうその時重要書類は粉々になってゴミになってしまっていました。上司はカンカンで弁解のしようもなくて。しばらく立ち直れませんでしたが、やってしまったことはもう仕方ないと自分で自分を納得させました。

データが・・・

私がした失敗は会社のパソコンの中にあった大切なデータを誤ってすべて消去してしまったことです。「あっ!」と思ったときはもう遅くて・・。もしかしたら残っているかもと何度も確認してみましたがやっぱり残ってはいませんでした。当然です。私が「削除」してしまったんですから・・。もう部署内全員が大騒ぎになってしまいました。

怒ることは後回しで、まずはどう対処するかで大慌てでした。あの時は本当に多くの人に大迷惑をかけてしまいました。

まとめ

いかがでしたか?失敗談の一例を紹介しましたが、まだまだ多くの人が何かしらの失敗をしています。確かに失敗をしてしまったときは落ち込んでしまいますが、失敗は次繰り返さなければいいのです。

また一度失敗したことで注意力が増してくることもあります。紹介した失敗談の方々もたくましく今も仕事に励んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク