2017
11.16
仕事行きたくない

無気力で仕事に行きたくない人をやる気にさせる方法3選

キャリア

スポンサーリンク

体がだるい、やる気も起きない、気分が暗い…もう仕事なんか行きたくない。そんな風に思う時はありませんか?仕事が好きでなかったり、給料が低いと感じていたり、人間関係の悩みが積み重なったり、そんなストレスが少しずつ重なっていくことで、もうどうしようもないくらい無気力になる時があります。

今回は、そんな無気力さんをやる気にさせる方法をご紹介します。

 

部屋を掃除する

「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉があるように、部屋を見るとその時の調子が分かります。部屋が美しく整理整頓されている時は心も爽やかなのではないでしょうか。私たちは、心の調子が良くない結果として部屋が乱れてしまうように思ってしまいがちですが、実は逆の影響もあるのです。

部屋が乱れてくることで、心も乱れて無気力になっていくという部分もあるということです。つまり、部屋を綺麗に掃除することで、同時に気持ちもさっぱりしていくのです。

 

規則正しい生活をする

無気力になっているのなら、生活リズムを整えてみましょう。だらだら過ごす日々が続くと自律神経が乱れて心と体双方に不調があられてきたり、自分に対して自己嫌悪になってしまうことも。だらだらしているだけで無気力が解決することはなかなかありません。生活リズムを整えて、心地よい部屋で過ごし、適度な睡眠をとり、美味しい食事を食べる。それだけでも、心と体は癒されるものです。

また、適度な運動もオススメです。早く起きて1駅歩いてみたり、普段と違う景色を見ることで気分も晴れていくでしょう。

「ああ良かった」と言ってみる

言葉には不思議な力があります。ポジティブな言葉をかけ続けた植物とネガティブな言葉をかけ続けた植物では、ポジティブな方が圧倒的に育ちが良く、美しい花を咲かせるという実験をご存知でしょうか。

また、「ああ良かった」と呟くことで、まったく意識していなかった日常の些細なことへの感謝の気持ちが湧いてくることもあります。

騙されたと思って、1人でいるときに声に出して言ってみてください。落ち込んだりしたとき、嫌なことがあったときに言ってみるのもオススメです。

 

無理やりやる気を出そうとしなくても良い

「やる気にさせる方法」をご紹介してきましたが、無気力なときに無理にやる気を出そうとすると空回りしたり疲れてしまうことの方が多いと思います。そうするとまた余計に落ち込んでしまいますので、「今は休む時期なのだ」と思って思いっきり心と体を休めるというのも一計です。

ただし、だらだら過ごすこととは少し違います。規則正しい生活をしたり、よく笑ったり、綺麗な部屋で過ごしたり、そういう時間を大切にすることで、心と体を休めていただければと思います。

ライター

ショウコ
ショウコ
恋愛や仕事がうまくいく情報を提供できるように日々ライターとしてできることを勉強しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク