2017
12.08
自分のことしか考えない

くどい人に怒られたら…くどい人の特徴や正しい対応の仕方

キャリア

スポンサーリンク

くどい人に怒られてなかなか開放してもらえなかった経験はありませんか?そんなくどい人はどんな特徴があって、どんな性格の人がくどくなるのか、またそんなくどい人にはどんな対応の仕方をすればいいかを紹介していきます。

くどい人の特徴

くどい人は同じ話を何度も繰り返したり、だらだらとまとまりのない話を長々と話します。またくどい人はなかなか話をうまくまとめることが出来ません。そのため起承転結の順で話は進まず、やっと話が終わっても何を言われたのか全く分からないこともしばしばです。

これは受け手側に限らずくどい人本人も自分が何を伝えたいのかすらまとまっていない場合もあります。そのため話をしながら「どこまで話たっけ?」と逆に聞き返してしまうことも往々にあります。

くどい人の性格

人を信用しない・・真剣に自分の話を聴いていないんじゃないか?ちゃんと話していることを理解しているのか?腹の中で自分の話を馬鹿にしているんじゃないか?と全て疑ってかかるので何度もしつこく言う。
心配性・・・何度も同じことを伝えないと自分が不安になってしまうため自分を安心させるために同じ話を繰り返す。
自己顕示欲が高い・・・話をしている自分に酔ってしまうので話が終わらない。
気を遣う・・・こんな言い方は相手を傷つけてしまうんじゃないか?この言い方は相手に失礼だと言葉を選びながら遠回しに言うので話が長くなる

くどい人の対応の仕方

理解しているのかと疑ってかかるタイプや自己顕示欲を満足させるためにくどく話をしている人には受け手側から結論を出し、話を終話させてしまいましょう。「〇〇〇ということですね、わかりました」とか「次回からは〇〇〇には注意します。申し訳ありませんでした。」など自分は言いたいことは理解しているアピールをすることでそれ以上話す必要はなくなります。

また気を使いすぎて言葉を選んだりオブラートに包んだ物の言い方をするのでくどくなる人もいます。そんなタイプには「はっきり言ってもらってかまいません」と気遣い無用とこちらから持ち掛ければ、ストレートに話をしてくれるので話は手短に終わらせることが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?あなたが怒られたくどい人に当てはまるタイプはいたでしょうか?くどい人には言いたいことはもう理解した、もしくは気を使う必要がないことを伝えれば話を終わらせたり、手短にすることが出来るかもしれません。

この記事を書いた人におすすめ

裏表がある上司の心理&ベストな付き合い方
職場の上司は、どんなに良好な関係であったとしてもやはり気をつかう相手。仕事において自分のことを評価する存在なので当然なのですが、ただでさえ気をつかう上司が裏表のある人物だとしたら、気をつかうどころか疑心暗鬼になってしまいます。今回は、そんな上司の...
仕事で大失敗…辞めたい!あるある失敗談集
仕事で大失敗をしてしまってもう明日から仕事には行きたくない!と悩んでいるあなたの大失敗は、あなたが思うほど大失敗でしょうか?仕事をしていればみんなたくさんの失敗をしています。また失敗をしない「人」は存在しません。仕事失敗だらけ...死にそ...— べ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク