2017
05.16
営業成績

上司に好かれるかわいい部下になる3つの教訓

キャリア

スポンサーリンク

社会人になってまず気になるのは上司との関係ですよね。上司との関係が良好でないと仕事をスムーズに進めることはできません。上司から好かれる部下になるには、ちょっとしたコツがあります。

このページでは上司に好かれることで仕事にどう影響していくのかという事を紹介していきます。

上司に好かれたいですか?

あなたは上司に好かれる部下になりたいと思っていますか?

上司と仲が良いほうが仕事を円滑に進めることができますが、上司に好かれることに固執してしまうと逆効果です。好かれる事ばかり考えて行動をしているとゴマをすっていると思われ逆に周囲からは嫌われてしまいます。また、上司もビジネスライクな関係は求めていますが、必要以上に好かれようとは思ってはいないはずです。

仕事に影響の無い関係であれば、好かれる必要はありません。

上司を意識しすぎると仕事がうまくいかない

上記でも書きましたが、好かれようという気持ちがエスカレートしていくと、ゴマすりだと思われ周囲からは逆に嫌われてしまいます。仕事は上司だけでなく同僚や先輩など様々な人と関わりながらしていくものですので、上司だけを意識していると逆に仕事をスムーズに進めていくことができません。

また、上司を意識しすぎて失敗する点は「自由に仕事ができない」という点です。失敗することを恐れて挑戦ができなくなったり、顔色ばかりを窺うようになってしまいます。上司の顔色を窺いながら仕事をしていたら自分自身の成長を止めているのと一緒です。

上司から好かれるということは大事なことではありますが、一旦仕事をするという事を第一に考え、上司を意識しすぎないように努めましょう。

あなたの仕事は上司に好かれることじゃない

出世イコール上司に好かれる事だと思っていませんか?「上司に好かれたら出世できる、上司に嫌われたら出世できない」というイメージがありませんか?

実際はそんな事はなく上司たった一人の権限で部下の出世をどうこうするまで決めることはできません。また仕事さえきちんとしていれば自然と上司から好かれる事はできます。上司に好かれる事に一生懸命になるのではなく、仕事を一生懸命にしていれば評価は自然とついてくるものです。

上司というのは会社の中ではただの責任取る係

上司というのは、あなたの出世を左右する存在でも仕事人生を掌握している存在でもありません。上司とは責任者です。部下の仕事をフォローし、何かあると責任を取るのが上司の役目です。

上司に好かれたいなら、一番は自分の仕事をしっかりこなす事です。上司が悪い意味で責任を取る必要のないようにしましょう。

上司に気に入られたら評価が上がる会社には長くいない方がいい

上記で書いた「上司に好かれたら出世できる、上司に嫌われたら出世できない」という会社は実際には少なからずあります。

体制が古く、正当に社員を評価しない会社では上司の好き嫌いで出世の一存が決まってしまいます。そのような会社に長居するのは危険です。上司の機嫌ばかり伺い仕事のスキルも身につきませんし運悪く嫌われたら出世から遠のいてしまいます。

個人的な好き嫌いと仕事は別です。きちんと正当に評価をしてくれる会社にすぐに転職したほうがいいでしょう。

まとめ

上司に好かれることは仕事をする上でも大事なことですが、必要以上に好かれる必要はありませんし、上司も好かれることを望んではいません。好かれるために媚を売ったりゴマをするのは逆効果です。

誠意を持って仕事をしていれば自然と上司からの評価もあがりますので、自分のやるべきことをしっかりこなしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク