2017
11.26
正義感強い

浅はかな人にはどう対応する?職場でイライラを抑える方法

キャリア

スポンサーリンク

職場に浅はかな人がいてストレスを溜めがちな人が、どうすればストレスフルに仕事が出来るようになるか。浅はかなタイプ別の処方箋を3つ紹介します。少しでもあなたのストレスが溜まらず、イライラが減りますように。

浅はかな人その1、バレる嘘を簡単につく人

バレる嘘を簡単につく人は、ごまかしが効かなくなるまで、自分の過ちに気がつきません。浅はかなタイプと言えるでしょう。イライラしてしまいますよね。普段はこちらも相手の嘘に乗ってあげましょう。たまに優しく指摘してあげてもいいかも知れません。大事な事は相手の問題ではなく、自分がイライラしないことです。必要な時以外は、距離を置いて接しましょう。帰宅したら、ゆっくり湯船に浸かるなど、リラックスを心がると良いですね。

浅はかな人その2、人の表面だけ見て決めつける人

人の表面の部分的なところだけ見て決めつける人は、浅はかなタイプと言えるでしょう。そういう人は視野が狭く、自分の常識、価値観が世間の常識だと思い込んで、押し付けてきます。イライラしますよね。同じ土俵に上らないためにも、こちらは柔軟に対応していきましょう。

にっこり笑顔で考えを受け入れたふりをすると、相手もそれ以上追求してこないかも知れません。肝心なのは相手の勘に触る事を、なるべくしない事です。穏便に対応していきましょう。

浅はかな人その3、思いつきで行動する人

何も考えないで、思いつきで行動する人は、浅はかなタイプと言えるでしょう。そういう人の行動で、とばっちりを受けたら、イライラしますよね。迷惑を被らないように、気づいた事は、早めに教えてあげましょう。その人の親になったような気持ちで、接するのも良いかも知れません。イライラしているのに、穏やかに接した自分の事を褒めてあげましょう。思いつきで行動する人は、もはや性格なので直りません。相手を変えようとすると、さらに苦しくなるので要注意。

まとめ

職場で浅はかな人はどんな職場にも居ますし、毎回イライラしていたら、きりがありませんよね。相手の問題なのに、自分の仕事に支障が出たり、心身まで蝕まれてしまったら、たまったものではありません。なるべく同じ土俵に立たず、距離を置いて接しましょう。巻き込まれてしまってストレスを感じたら、家に帰ってから、好きなテレビを見る、きちんとご飯を食べる、ゆっくり湯船につかるなど、規則正しい暮らしを心がけて、リラックスにするようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク