2016
04.29
sapuri

美容健康目的のサプリ選びで気にした方がいいサプリのおすすめ成分

ヘルス, 美容

スポンサーリンク

ダイエットのため、美白のため、サプリに求めてるからだの悩みは人それぞれだと思いますが、サプリってたくさん種類があって、自分に何が合っているのか選ぶのが結構難しいと思います。

そこで今回は、美容と健康の2つの目的に分けて、サプリで摂取した方がいい成分を紹介していきます。

美容に良いサプリメント

美白効果のあるサプリメント

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • β-カロチン
  • L-システイン
  • アスタキサンチン
  • エラグ酸

美白効果のある栄養素は上記の6種です。メラニン抑制効果があり、日焼けのしにくい肌にしてくれます。そして、メラニン排出効果もあるので、肌のくすみの改善にもなり白く美しい肌へ導いてくれる栄養素です。

美白に効く栄養素は長く体に留まりません。ですので、1日に複数回に分けてサプリを摂取すると、効果を最大限にひきだす事ができます。

美白に効くとされるサプリをいくら飲んでも、食生活や生活習慣を買えなければ意味がありません。メラニンの吸収を促進させるといわれている、コーヒーやアルコールは控えめに摂取しましょう。コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは色素沈着を手助けしてしまい、アルコールは酸化作用を強めてしまう働きがあると言われています。

ニキビに効くサプリメント

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンE

ニキビ予防・改善に効く栄養素は主にビタミンです。ニキビ予防には、皮膚や粘膜を強くする効果のある栄養素と、肌の炎症を抑える栄養素が効きます。

肌の代謝をよくすることで、毛穴詰まりによるニキビも改善できます。また、肌代謝がよくなる事で脂性肌の改善にもなりますし、皮脂の過剰分泌の改善も期待できます。できてしまったニキビにも、ニキビ予防にも効く栄養素です。

ニキビを治したい!と思うあまり、ビタミンサプリをたくさん飲もうとする女性は多いです。

しかし、ビタミンには脂溶性と水溶性と呼ばれる種類があり、脂溶性ビタミンはたくさん摂取しても尿から排出されずに体内に止まってくれますが、水溶性ビタミンは体の中に止めておくことができません。また、脂溶性ビタミンのビタミンEはたくさん取りすぎてしまい体内に取り込みすぎると、体に悪いとも言われています。

ビタミンサプリは、1日の目安量を守るのが望ましいでしょう。複数のサプリを飲む時はビタミンの摂取量に十分注意してください。

肌にハリを出すサプリメント

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • コエンザイムQ10
  • イソフラボン

肌のハリを出す栄養素コラーゲン。体内の30%はコラーゲンで出来ていると言われており、細胞をつなげる役目をしています。細胞の隙間を埋め繋げることで、ハリのある肌に見せているのがコラーゲンの役割です。

肌にハリを出すためにコラーゲンを摂取するのはもちろん、コラーゲンの効果を高めるためにエラスチンやコエンザイムQ10、イソフラボンを摂るとより効果が増します。

肌にハリを与えてくれる栄養素は、夜寝る前に飲むことで最大限に効果を引き出すことができます。成長ホルモンは22時~26時の間に活発になり、ターンオーバーが正常に行われるようになります。夜22時までに寝ることも美容サプリを飲む上で大切です。

美容にいいサプリメントのまとめ

美容には、外からのケアだけでなく体内からのケアが大事です。サプリメントで肌に良い効果のある栄養素を摂りましょう。

種類別に選んで摂取しても良いですし、マルチビタミンなど複数の栄養素が取れるサプリメントもおすすめです。

複数のサプリを飲む場合は、栄養素が過剰に摂取されていないか確認することも大事です。サプリをネットで購入する方が増えていますが、ドラッグストアにいる薬剤師や登録販売者に相談してみるのがよいと思います。

健康に良いサプリメント

疲れにくくするサプリメント

  • クエン酸
  • ポリフェノール
  • カテキン
  • イミダゾールジペプチド
  • ベンフォチアミン

体の疲れやダルさは体内の活性酸素のせいで引き起こります。ですので、活性酸素を無くすことと、活性酸素ができにくくする体にすることで疲れない体になります。活性酸素除去にはポリフェノールが効果的です。

クエン酸などは酸味が強いので苦手な方もいると思います。サプリメントとして錠剤で販売されているので、手軽に摂取することができます。

また、水素が活性酸素を除去するという研究結果が報告されています。水素水と一緒にこれらのサプリを飲むと、より効果が得られるでしょう。

寝起きをスッキリさせるサプリメント

  • アミノ酸(グリシン)
  • 鉄分
  • ヘモグロビン
  • ビタミンC

寝起きのダルさに悩んでいる方って多いですよね。実は栄養不足で寝起きがダルくなっていく場合もあります。よく、寝起きが悪い原因であげられる低血圧。低血圧の改善には貧血を改善することからです。

鉄分をしっかり摂り貧血を改善する事から始めます。ビタミンCは鉄分吸収の手助けをしてくれる栄養素なので、合わせて摂取しましょう。

また、低血圧には適度な水分補給や足の筋力をつけることが大切と言われています。水分は1日に1~2リットルを取るように心がけ、駅ではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うといった習慣を身に付けてみましょう。

しかし、めまいがひどい、疲れやすいという症状がひどい方は、医師に相談することも大切です。

体に脂肪がつきにくくなるサプリメント

  • ポリフェノール
  • β-カロチン
  • リコピン
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ケルセチン

上記の栄養素は、活性酸素を抑える働きをする栄養素です。活性酸素が増えることで代謝が落ち、脂肪がつきやすくなります。活性酸素を抑える働きのある栄養素をサプリで摂取することで、代謝が上がりやすくなり脂肪のつきにくい体にしてくれます。

脂肪をつきにくくしてくれるサプリなどのダイエットサプリは、長期的に飲まないと効果が得られにくいと言われています。1~3ヵ月は続けないと効果が分かりにくいので、インターネットで購入するな定期便を利用した方が安く続けられます。

健康にいいサプリメントのまとめ

どうしても食事だけでは摂れない栄養素がたくさんあります。特定の栄養素が不足してしまうと疲れやすく、体が常にダルいという状態になってしまうことも。

食事で補えない栄養素はサプリメントを摂りましょう。手軽に摂取できますし、サプリを摂るようになると体の悩みも改善されていき、栄養が不足していた事を実感します。

しかし、サプリだけに頼りすぎるのは厳禁です。健康に良いサプリを飲みながらも、野菜中心の食事に心がけ、1日3食バランスよく食べるように心がけましょう。

この記事を読んだ人におすすめ

寝ても疲れが取れない ぐっすり寝れる方法を探している
寝ても疲れが取れない40代の女性は増えているようです。ホルモンバランス乱れてない?残業続きや飲み会続きだと、いくら寝ても疲れが取れないですよね。40代を過ぎると免疫力が衰えたり、ホルモンバランスが崩れて疲れがなかなか取れない体になっていきます。免疫力...
ダイエットが続かないあなたに!食事制限なしで痩せる方法
ライザップのCMを見てうらやましがる世の中の女性はたくさんいることでしょう。痩せるというのは女性の一生の課題だと思います。年中ダイエットしている世の中の女性は多いのではないでしょうか?でも、ダイエットできつい運動をしたり、甘いものや脂っこいものを食...
【自己流】疲れが取れない時に食べて回復できた栄養素と食べ物
なんだか最近疲れが全然とれなくて困っている。たくさん寝ても、マッサージしたりエステにいったりして工夫しても疲れが取れないというそこのあなた。食事での栄養素が足りていないのかもしれません。私が実践して疲れが取れたと実感できた食べ物と、その食べ物に含...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク