2016
04.25
komugijosi

色黒肌は女の子の最大の悩み。美白化粧品の効果がない理由は?

美容

スポンサーリンク

どんな高い美白化粧品を使っても肌が白くならない…
美白化粧品や日焼け止めを塗りたくっても黒いまま…
色が白い人が羨ましい…

といった、色黒女性の悩みは深刻だと思います。美白ブームが続く中、色黒だと遊んでいそうと言われたり、鏡を見るごとに悲しくなる世の女性は多いのではないでしょうか。

ここでは、色黒が改善される生活習慣を5つにまとめてみました。この記事を読んでいる方の中には、美白になりたくて、美白化粧品を使ったのに効果がなくて残念だった方もいると思います。

まずは、なぜ美白化粧品を使っても効果がでないのか、その理由から説明したいと思います。

色黒に美白化粧品は効果がない

美白化粧品や日焼け止めを使っても効果がない最大の理由は、メラニンを吸収しやすい肌質にあります。そのため、美白に効果があると言われているハイドロキノンやアルブチンといった成分を肌に与えてもあまり効果がありません。

色黒の肌を白くするためには、肌質を改善が有効といわれています。

色黒の肌を白くする肌ケアの方法

その方法は、体の中から改善していく方法しかありません。色白に近付ける食生活や生活習慣、肌ケアのやり方を5つにまとめてみました。

(1)食べ物のカギは「ビタミンC」

1つ目は、食べ物からです。メラニンの吸収を抑える栄養素には、ビタミンCをたくさん摂取することが大切です。ビタミンCは、1日100mg以上摂取することが望ましいとされているので、色を白くしたいなら100mg以上は取っておきたいところ。

果物ならレモン1個、キウイ2.5個、イチゴ13個、野菜なら赤ピーマン2/3、黄ピーマン2/3、芽キャベツ8個で、ビタミンC100mgが取れます。

ビタミンCは摂取する時に気を付けなければならないのが、生で食べるのが1番良いということ。ビタミンCは茹でるとお湯にビタミンCが溶けだしてしまうので生野菜が良いです。

その点、フルーツの方が食べやすいですが、カロリーは野菜の方が低いです。果物を洗う時もさっと水をくぐらせる程度で良いと思います。気にならないようなら洗わない方法もありです。

朝果物を取る時は、ソラレンという紫外線を吸収しやすくする栄養素が入っている果物は避けた方がよいそうです。ソラニンが含まれる果物や野菜を10個まとめました。柑橘系の果物に多いです。

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • クロレラ
  • いちじく
  • きゅうり
  • パセリ
  • セロリ
  • しそ
  • 三つ葉

また、ビタミンCは水溶性でたくさん取ってしまうと尿と一緒に外に排出されてしまいます。朝、昼、夜、おやつの時と数回に分けて摂取するのが良いです。

(2)ビタミンCの吸収率を上げるビタミンEも

ビタミンCはビタミンEと一緒に取ると、体に吸収されやすいです。ビタミンEは1日に100mg~300mg摂取するのが望ましいとされていますが、多くの量を食べ物を食べないと摂取できない栄養素の1つです。

例えば、ビタミンEがたくさん摂取できるらっかせいは100g食べてたったの7.2g。らっかせい100gは個数にしたら、ピーナッツ1粒で0.6gなのでピーナッツ167個食べなければいけません。現実問題、無理ですね。ピーナッツをこんなに食べることも無理ですが、脂質が多いピーナッツを食べ過ぎると美白どころか大人ニキビが心配です。

ビタミンEはサプリメントで摂取した方が良いと思います。

ビタミンEは過剰摂取すると体によくないかもしれないというアメリカの研究結果があるので、複数のサプリを飲む時はビタミンEの総摂取量を気を付けましょう。

(3)生活習慣をととのえてホルモンバランスを保つ

次は生活習慣です。ホルモンバランスが保たれるとメラニンが吸収されにくくなります。

ホルモンバランスを整えるためには、適度な運動が必要です。よく適度な運動と言いますが、適度とは、週140時間で少しきついと感じる運動と言われています。毎日夜にジョギング20分、土日に1時間ずつのホットヨガ、キックボクシングやスイミングなどの習い事を週2というのが良いかと思います。

色黒を気にする女性なら、室内で動ける運動が良いですね。

(4)最低8時間の睡眠時間

また、しっかり睡眠を取ることもホルモンバランスを整えます。夜22時までには寝て、最低8時間は睡眠時間を確保するとよいでしょう。

早寝早起きをすると、メラニンの吸収を抑えてくれるメラトニンというホルモンがたくさん分泌されるので日焼けを抑えることができます。

(5)肌を保湿する

最後は、肌のケアの仕方です。色黒の女性に多いのが脂性。保湿しすぎると大人ニキビができたり、ベトベトするからあまりあまり保湿しないという方が多いと思いますが、しっかり保湿しないと30歳をすぎるとシミが目立ってくる可能性があります。色黒だからシミが目立たないと思って、肌のケアを怠らず、シミ化粧品を使ったり、しっかり保湿することは大切です。

まとめ

以上が、肌質改善の5つです。人の肌質は、メラニンの量で決まり遺伝の要因もあります。色黒に悩んでいると思いますが、肌が黒いというのは、シミができにくく、しわもできにくいというメリットもあります。そのわけは、もともとメラニン量が多いので紫外線のダメージが受けにくいからです。

美白の人は、紫外線対策が大変ですし、シミが目立つという悩みがあります。色黒の方は、美白に憧れると思いますが、筆者も色黒の方なので、若い時、美白に憧れましたが、色黒には美白の人にはない魅力というものがあると思います。

色黒で透明感があり、健康的でセクシーな肌も人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク